組み込み機器開発ツール  当社ホームページにアクセスして頂いてありがとうございます。テキサス・インツルメンツ、アーム、8051 CPU、アナログデバイセズ、フリースケール他のDSP,ARM,CPUのプログラムを開発するための統合開発環境ソフトウェア、インサーキットエミュレータ、評価用ボードを販売・サポートしております。
 開発の際に必要となるオシロスコープ、ロジアナは動画取説を採用し、簡単にマスターしていただけます。
 開発が終わった後の量産用のデバイスプログラマも数多くラインアップし、お求めやすい価格で販売いたします。
メガピクセルIPカメラデジタルビデオレコーダやで安心のまちづくりにも貢献いたします。
営業部による販売のほかに ネットショップもご用意し、様々な方法のご購入に対応いたします。
 HP内検索  ヘルプ
HOMEボードDSP開発ツールORSYS > ml-C6713CPU

 DSPを使用した実験器や、中規模までの量産に適したDSP+FPGAのボードシステムです。高性能・低消費電力のプロセッサ、テキサス・インスツルメンツのDSP C6713を採用してします。Xilinxの大容量FPGAも搭載しています。
 ドイツ製ですから日本人でも感心できるほどのまじめでしっかりした設計・製造をおこなっております。マニュアルも多くは英語ですが、ストーリーがしっかりとしており、わかりやすく書かれています。日本語化も鋭意進めてまいります。
  高速/多チャンネルA/D、D/A拡張ボードも数多く揃っております。
 ボード搭載の周辺デバイスを簡単に使い始めることのできる、「基本開発キット(DSPのライブラリがメイン))」をはじめ、各種の拡張ボードや周辺デバイスを追加したときに、その機能を十分に発揮できる開発キットもいろいろと揃っています。ボードに搭載している高性能FPGAをカスタム設計するためのFPGA開発キットもございます。
  価格についてもドイツ製だからといって高いわけではありません。 最新のC6713CPU/3のボードは100台時税別単価\42,400(2012/9月現在)と、設計、製造費、部品収集コストを計算すれば十分ご採用に値する低価格です。

ご購入について     詳細
 ご注文は弊社に直接見積もりをご依頼いただくのが簡便です。お客様のご都合により直接購入が難しい場合はご指定の商社経由での販売も承ります。銀行振込のお支払いの他、代引き発送も可能です。
 価格・納期・疑問点お問い合わせ
  ネットショップでもご購入いただけます。

サポート
  ボード類のサポートに関して

中規模量産向けDSPボード

ml-C6713CPU

製品型番 ml-C6713CPU/3 : 400KゲートSpartan3版
ml-C6713CPU/4
: 1MゲートSpartan3版
概要 高性能32ビット浮動小数点DSP搭載、低コストボード。
Xilinx SPARTAN 3 FPGA搭載
CPU TMS320C6713
プロセッサの最高性能

2400 MIPS , 1800 MFLOPS

クロック周波数 300 MHz
FPGAの容量 400Kゲートから 1 Mゲートまでのザイリンクス製FPGA SPARTAN 3搭載
RAMのタイプと容量 64 MバイトSDRAM  (要求により 128 Mバイト可)
ブート用フラッシュメモリー 2 Mバイト
mlシリーズ共通のインターフェイス 921600baudまでの通信速度を持つRS232。ラインドライバ付き。ほかのPCやその他の機器との通信に使用できます。
パラレルバスインターフェイス7本。外付けグルーロジックを使用することなくウエイトステートの制御が可能です。(FPGAに標準で搭載している内容に、デコーダ出力 /CS が7本用意されています。)
mlシリーズ用 32ビット幅のアドレス、データバスで子基板を拡張可能。(標準で搭載しているFPGAの内容に入っています)
DSPデバッグ用JTAGエミュレータインターフェイス。
FPGAのダウンロード用JTAGインターフェイス

この製品固有のインターフェイス

マルチチャンネルバッファードシリアルポート 2本 (McBSP)
シンクロナスシリアルインターフェイス
マルチチャンネルオーディオシリアルバス 2本 (McASP)
I2C インターフェイス 2本
16ビット幅ホストポートインターフェイス。外部ホストコンピュータにデータ、アドレス、制御線をつなげるためのものです。
FPGAのピンは96本までユーザーが利用可能。FPGAをVHDLで記述しなおしてご利用いただくことも出来ます。

寸法 98 mm x 67 mm x 20 mm
CPUおよび本ボードの特徴

L1P プログラムキャッシュ4Kバイトをプロセッサに搭載
L1Dデータキャッシュ4Kバイトをプロセッサに搭載
L2 キャッシュ64Kバイトをプロセッサに搭載
L2 高速SRAM192Kバイトをプロセッサに搭載
タイマー 2本
EDMA チャンネル16本
汎用デジタルI/O 2本。XF0および XF1
オンボードウオッチドッグ
オンボード温度センサー
3.3V単一電源動作 (拡張ボードがほかの種の電源を必要とする場合があります)
フラッシュメモリーあるいはホストポートからのブートが可能
電源監視・制御機能をボード上に搭載
DSPおよびFPGAのプログラミング用に各種EVMキットあり。開発の初期段階ではEVMキットをご使用ください。

mlシリーズ共通の特徴

 常駐ファイルシステムによってユーザーが作ったDSPプログラムを1023種類までボード上のフラッシュメモリー上で管理できます。
さまざまな汎用インターフェイスで、いろいろなカスタムのご用途にお答えします。
DSPやFPGAの重要な線はほとんどすべてmicro-lineインターフェイスコネクタに接続されています。
ORS112またはORS114ORS116といったアナログデータ取り込み用周辺ボードが使用できます。
イーサーネットインターフェイスボードとして SC100BaseTxが使用できます。
通信速度400MBit/sIEEE1394a (ファイアーワイアー)インターフェイスボードSC1394aを取り付けて使用できます。

価格 メールでお気軽にお問い合わせください。
データシート

現在、以下の詳細マニュアルがございます。
ハードウエアリファレンスガイド 「c6713cpu_hrg.pdf」
バスマスターボードサポートパッケージユーザーガイド 「c6713cpu_bm_bsp.pdf」
マニュアルはメールでご請求いただければpdfファイルを添付してメールで返信いたします。お気軽にお問い合わせください。

開発サポート用パッケージ 詳細ページへ
 

▲UP