組み込み機器開発ツール 当社ホームページにアクセスして頂いてありがとうございます。
 テキサス・インツルメンツ、アーム他のプロセッサの開発・量産のための装置、評価用ボード
 携帯機器や電気自動車の開発に必要な プログラマブル電子負荷装置
 IoTを利用したコンピュータ組み込み機器のための全機能一体型コンピュータ、
特注対応のACアダプタ
を販売・サポートしております。
営業部による販売のほかに ネットショップもご用意し、様々な方法のご購入に対応いたします。
 HP内検索  ヘルプ
HOME開発環境ガイドDSP開発ツール MSP430 > FlashPro430

 Flash-Pro430 導入
 TI製のFETと組み合わせて使用できる、書き込み専用ソフトの使い勝手が良いことはこれまでの説明でご確認いただけたことと思います。この場合、TI製のアダプタを使用したわけですが、エルプロ社のアダプタを使用するとさらに書き込み速度が飛躍的に上がります。応用機器の量産にはもってこいです。この導入の様子と、実際の書き込みが如何に早いかをご紹介します。

 使用するに当たって、ターゲットボードとしてエルプロ社のEVM F169、書き込み用データとして test.txt を使用することとします。test.txtは後の説明で使用します。説明では、sampleというフォルダを作っておき、その中にいれてあります。実際に作業してみる場合はあらかじめファイルをダウンロードしておいてください。
機器の接続は下記のようになります。EVM F169の電源はPCのUSB端子から取っておりますが、この線で通信をしている訳ではありません。

作業は
 1. フラッシュ書き込みソフトのインストール
 2. 書き込みアダプタの認識
 3. フラッシュの書き込み
の順で行います。
以降、順に経過をご紹介します。

top


フラッシュ書き込みソフトのインストール

(1) 製品に同梱のCDを使用するか、あるいはエルプロ社のwebからソフトを入手します。WEBのソフトの方がCDのものよりも新しい場合がありますので、下記はwebのソフトを使用します。FlashPro430 Softwareのdownloadをクリックして下さい。
 

(2) ダウンロードが始まると下記のウインドウが開きますので、「保存」をクリックして下さい。(Windpows XPの場合)。
 
保存のダイアログでは、保存場所とファイル名を指定して下さい。例として、デスクトップにデフォルトのファイル名のままで保存することにします。

(3) ダウンロードができるとデスクトップに圧縮ファイルが入ります。
 

(4) たとえばWindows xpの場合は下記のようにファイルの一覧が出ますので、X-Pro430-Setupをダブルクリックします。
 

(5) License Agreement では内容を確認の上、同意する場合には I agreeを選択し、「Next>」をクリックします。
 

(6) ソフトウエアのインストールが始まります。Welcomeの画面では「Next>」を押してください。
 

(7) Select Installation Folderでは、インストール先のフォルダ名をきめます、また、どのアカウントで使用できるかも指定します。設定後「Next>」を押します。
 

(7) Customer Information では設定内容を確認し、「Next>」を押してください。
 

(8) MSP430 .... Information では内容を確認のうえ、「Next>」を押します。 
 

(9) Installation Completeがでたらインストールは終了です。「Close >」 をクリックします。
 
以上で書き込みソフトウエアとデバイスドライバのインストールは終わりです。

top


書き込みアダプタの認識

(1) アダプタをPCのUSB端子に接続します。
 

(2) 新しいハードウエアの検索ウイザードが開始されます。「次へ」を押してください。
 
 

(3) 下記の画面が現れたなら「続行」をクリックします。
 

(4) 下記の画面が現れたら「OK」を押し、次にコピー元を指定する画面が現れたなら、ドライバの場所として Program Files\Elprotronic\Drivers USB-FPA を選びます。さらにその下windowsの種類によって何種類かのフォルダがありますので、使用するwindowsに対して適切なものを選びます。下記の図ではW2000,xpを選んでいます。
 
 
 
 

(5) 下記の画面が現れたら認識は終了です。「完了」を押します。
 
(6) さらに同様な認識のウイザードが現れた場合には、同じ作業を繰り返します。
 

(7) 最終的に、正常に認識が終わると、デバイスマネージャのUSBのフォルダにUSB-FPA (Elprtronic)が登録されます。
 

top


フラッシュの書き込み

(1) デスクトップにこのプログラムのショートカットが出来ていますのでダブルクリックして起動してください。アダプタとボードはPCに接続しておいてください。
 

 

(2) フラシュに書き込みたいファイルを指定するため、 Open Code Fileをクリックし、test.txtを選び、開くをクリックして下さい。test.txtはあらかじめダウンロードしておき、sampleというフォルダにいれておいたものです。
 

(3) 右側の AUTO PROG. をクリックして下さい。
 

(4) プログラミングの作業が進み、うまく行くと Statusの部分にPassと表示され、Reportの部分に状態や所要時間が表示されます。
 


書き込みの最中の様子を動画でご覧いただけます。ダウンロードの上、クイックタイムなどでご覧下さい。
   (MOV)

TIのアダプタを使用すると 17秒近くかかってしまいますが、エルプロ社のアダプタを使用すると、同じことが3秒台で出来るようになり、作業効率が飛躍的に上がります。

top

 

▲UP